夏は特に炭酸水が欠かせません。
気温が上がれば上がるほど、炭酸のきっついのがほしくなります。
レモンを搾ったり、お酒で割ったり大活躍です。

 チューハイも夏は炭酸強めがいいのですが、お酒弱いカイロ団長には9%より、「ウィルキンソン・ドライセブン」の7%くらいがお食事といっしょにいただくにはいいかなぁ。




ウィルキンソンドライ7

 アサヒビールは、RTDの主力ブランド「ウィルキンソンRTD」から、「ウィルキンソン・ドライセブン」シリーズ6月4日(火)に全国で発売します。

 「ウィルキンソン・ドライセブン」は、『ウィルキンソン タンサン』を使用し、同社RTD史上“過去最高のガス圧”による炭酸の爽快さが特長です。
 
 ウォッカをベースに、フルーツエキスとフルーツスピリッツを使用することで、“すっきりした味わい”を実現した同社独自の「クオリティシャープ製法」で果実本来の味わいがありながらも、“すっきりとした甘くない”レモンフレーバーを実現しました。


商品メモ
商品名     「ウィルキンソン・ドライセブン」
        「ウィルキンソン・ドライセブン ドライレモンライム」
品目       リキュール(発泡性)①
アルコール分   7%
容量・希望小売価格
         350ml缶・141円(税抜) 500ml缶・191円(税抜)
発売日      2019年6月4日(火)
発売地域     全国




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村