シェネ


商品写真を見て「おや?」と思いましたか?
ボトルの向かって左下がちょっとへこんでいます。
変わったデザインですよね。

 インパクトのあるデザインは1984年に考案されたもので、ボトルデザインの名前を「Josephine」と呼び、ブランド名を「JP Chenet(シェネ)」と名付けられたそうです(JosephineのJとPですね)。
 1991年には、その大胆なボトルデザインが評価され 包装のオスカーなど受賞しています。

 このようなボトルデザインになったのは、注ぎやすさと握りやすさからだといわれています。これは自分の想像なのですが、昔ワインを入れていた皮袋からヒントを得たデザインなのではないでしょうか。

 単独ブランドとしてフランスワイン販売数量№1ブランドといわれている「JP Chenet」よりスパークリングのラインナップに新たに「ディバイン・ゴールド」が加わりました。


「ディヴァイン・ゴールド」は、ミュスカ100%でやや甘口の味わい。非常に飲みやすく、金色ボトルは見た目華やかで晴れやかなシーンにうってつけの1本です。

ミュスカはマスカット系のぶどう品種で甘い香りが特徴です。


商品メモ
商品名  「JP.シェネ スパークリング ディヴァイン ゴールド」
タイプ   白・やや甘口 ヴァン・ムスー
容量    750ml
価格    オープン価格
発売日   2019年7月16日(火)
販売    三陽物産


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村