レミーコアントロージャパンはアイラ・シングルモルトスコッチウイスキー「ブルックラディ」より、〈ベア・バーレイ2010〉〈ジ・オーガニック2010〉10月1日(火)から発売します。
 
 ブルックラディ蒸留所では2010年の再稼働以来、スコットランド産の大麦100%を使用することに加え、大麦が育つ土壌、土地、天候の影響や相互作用を含む、テロワールというコンセプトを開拓してきた。この大麦を探求プログラムの一部として、どこで、どんな品種を、どのように育てるかを3つの柱としてウイスキー造りを行っています。
 
 今回発売するのは、育成が難しく収穫量も非常に少ない、古代品種の六条大麦であるアイラ島産の「ベア・バーレイ」(2010年蒸留)と、自然と調和し持続可能な方法で土壌を豊かにすることができる有機農法を使用した「ジ・オーガニック」(2010年蒸留)。2019年4月に発売した〈アイラ・バーレイ2010〉と共に、大麦探求のシリーズを形成しています。
 
 
ブルックラディベアバーレイ

 〈ベア・バーレイ2010〉はオークニーカレッジの農学研究所が生産者と協働で生育し、ブルックラディに提供されたベア・バーレイ大麦100%使用。酵母菌株はマウリ、ケリー。ノンピートで2010年に蒸留したシングル・ヴィンテージのものをアメリカンオークのバーボン樽で8年熟成。ボトリングの際はアイラ島の湧水を使用、ノンチルフィルターで着色料無添加。シリアルやオーツ麦の粥や熟した洋梨や桃の香り、様々な甘いフルーツとオークが互いに主張する味わいで、シロップ漬けの桃や蜂蜜のニュアンス。
 
 
ブルックラディジ・オーガニック


 〈ジ・オーガニック〉は全生産工程がオーガニックであるとしてバイオダイナミック協会から認定を受ける。認証されるには全生産工程で監査と承認が必要で、大麦農家の選定から大麦の輸出までも含まれる。食物や家畜のほか、再生可能エネルギーとなるバイオマスも生産する先進的なスコットランドの農場で育てた有機栽培のスコットランド産大麦100%使用。酵母菌株はマウリ、ケリー。ノンピートで2010年に蒸留したシングル・ヴィンテージのものを、深くチャーリングしたファーストフィル・バーボン樽のみで8年熟成。ボトリングの際はアイラ島の湧水を使用、ノンチルフィルターで着色料無添加。オーガニックモルトから生まれるフルーツの香りが最初に、続いてアメリカンオーク由来のヴァニラ、キャラメル、ペストリーの甘さが現れる。 さらにヴァニラファッジ、ライ麦パン、そして濃厚なバターポップコーンに重なって、洋ナシキャンディー、メロン、桃、アプリコットさえも感じられる。
 
 それぞれ、アルコール分50%、700ml、希望小売9500円。
 各世界18,000本限定