日本コカ・コーラシステム
が九州限定で販売していたこだわりレモンサワー「檸檬堂」全4種が10月28日(月)から全国で販売開始されました。当Blogでは〈鬼檸檬〉だけ“独自ルート”でゲットできたので先に試飲レビューしていましたが、ようやく全部飲めたので追加で感想を書いてみました。


檸檬堂レビュー 



レモン界の新星!全部試せ!


 「檸檬堂」は2018年5月から九州限定で発売し、エリア限定ながら大きな話題を呼んだRTD。各地で人気のレモンサワーのこだわりに学び、焼酎を美味しく飲む方法として知られる「前割り」にヒントを得て、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン製法」を採用。アルコール度数や果汁率の異なる4種類のレモンサワーとしてラインナップしました。
ラインナップは
〈定番レモン〉が果汁10%、アルコール分5%
〈塩レモン〉が果汁7%、アルコール分7%
〈はちみつレモン〉が果汁7%、アルコール3%
〈鬼レモン〉が果汁17%、アルコール9%
各350ml缶、参考小売150円(税別)

 全部飲んだ感想は、どれにしてもとにかくまずはレモン感。最初のうちはレモン果汁とお酒のベストマッチのように感じていましたが、何本か飲んでいるうちに感じたのはわざとらしいくらいのレモン感のl強調、のように思えてきました。レモンを搾りいれたというよりも、レモンジュースの濃い奴を焼酎に加えた感じ。まずはレモン、とにかくレモン。レモンチューハイの最後発のブランドだけに、レモンをこれでもかと強調したからこそ、これだけいろんなレビューで「おいしい」と言われているんじゃないかなと。まあ、とにかく美味しいことは間違いないので、レモンチューハイ好きはまず試してみることをおススメします。今なら最低でも〈定番レモン〉と〈鬼レモン〉はほとんどのコンビニで売ってるようだし。


檸檬堂レビュー2




 個人的に順番を付けると、
①〈定番レモン〉=レモンの酸味とアルコールの苦み、少し濃いめの甘味のバランスが一番とれていたように感じました。
②〈鬼レモン〉=レモン最強!ガツンと来るはずのアルコール感をきれいにマスキングされて、飲みごたえあるレモンチューハイになっていると思いました。
③〈はちみつレモン〉=はちみつ独特のカラメル香と苦味の混じったような特徴的な香り、味が少し強めに感じられます。アルコール分が低い分、レモンとハニーの味が強いです。昔流行ったジュースの「はちみつレモン」の味のよう。
④〈塩レモン〉=レモン、塩の味がはっきりわかり、更にアルコール分7%と強めで、むしろ鬼レモンよりもアルコール感は感じられるような気がしました。

 それぞれ美味しさにそれほど差があるようには感じられましたが、アルコールに弱いカイロ団長さんが一番苦手そうだったのが〈塩レモン〉だったのでこの順番になってしまいました。下町チューハイ好きなら〈定番レモン〉〈塩レモン〉〈鬼レモン〉〈はちみつレモン〉にしてもいいかもね。


飲む分には気にならない、製造所の話


 細かい成分等は置くとして、製造所が違うことが気になってしまいました。というのも、〈定番レモン〉だけ日本果実工業(山口県山口市)、ほか3種類はコカ・コーラ ボトラーズジャパン(埼玉県比企郡)。ということで少し調べて想像を加えながら話を考えてみると以下の通りになりました。

 
檸檬堂レビュー3


 日本果実工業はもともとJA全農山口の販売部門で、清涼飲料水の製造会社として1960年設立。コカコーラとは、利根コカの有名なローカルコーヒー飲料「マックスコーヒー」をここで製造していたという経緯があるそうです。2001年に酒類製造免許を取得しています。どうも九州限定販売の時は4種類ともここで製造していたようです。ではコカコーラの埼玉工場はというと、もともとは三国コカ・コーラボトリングの埼玉工場で、2015年の合併で今の所属となったようです。リキュール製造免許は今年8月6日に取得。これは完全に「檸檬堂」増産のために内製化を進めているということなんじゃないかと思われます。コカ・コーラはやる気のようです。

「檸檬堂」これからで気になること


 1つには500mlを発売していないこと。高アルコールRTDは割安感と飲みごたえで、350mlよりも500mlは多く売れているという話もあります。そこへの参入はこれからということなのでしょう。ただ350ml缶4種を飲んだ感想として「多くは飲めない(ゴクゴクとはいかない)」と感じました。500mlが出たとして飲みきれるかなあ。

 2つ目にはフレーバー展開。「檸檬堂〈グレープフルーツ味〉」って通るでしょうかね。でなければ「グレフル堂」か…。ピンとこない感じをどうしよう。各社の毎週の新商品ラッシュにレモンフレーバーだけで対抗できるのか、コカ・コーラがどうするか注目されます。


蛇足ですが……


  お酒を提供されているプロの方ならご存知の事と思いますが、自分で「前割り製法」で造ったお酒をお店で販売・お客様に提供するには事前の届け出が必要です。南九州を中心によく飲まれている「焼酎前割り」や「自家製梅酒」のようなものは以前であれば自家消費以外は酒税法違反、08年の税法改正後も免許は必要ないけれども、事前に税務署への届け出なければなりません。あらかじめ水を入れておくのも製造行為とみなされるんですね。ぶどうや米・麦なんかは後で発酵してアルコールを生成する可能性があることもあるので自家消費でもダメなんです。
 あと、アルコール分20度以下のものをベースにするのもいけないそうです。この件では、NHK「きょうの料理」が07年にみりんで梅酒を作る方法を紹介して、密造だと指摘されて謝罪したことがあります。
 最近はファンミーティングみたいにしてお酒を提供するアマチュアイベントも多く行われてたりしますが、「前割りレモン製法」で自家製酒を作ってふるまったりすると違法になる場合がありますのでご注意を!
 
 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村