合同酒精は、東京下町の酒場で愛される味を再現した「トーキョーハイボールの素」に、「トーキョーハイボールの素 梅風味」500ml紙パックを追加し、3月31日(火)より全国で発売します。
 
 また、缶商品の「トーキョーハイボール 梅風味」をリニューアルし、3月下旬より順次発売します。


「トーキョーハイボールの素 梅風味」500ml紙パック
 「トーキョーハイボールの素 梅風味」は、東京下町の大衆的な酒場で提供されている“元祖チューハイ”と呼ばれる味を再現した「トーキョーハイボール」の“素”です。“元祖チューハイ”とは、焼酎の炭酸割り(ソーダ割り)に梅などの風味をつけて提供されるお酒のこと。
 古くから今日まで多くの人に愛飲されている“東京下町大衆酒場の味”が、ソーダで割るだけで簡単に自宅で楽しめます。


トーキョーハイボール梅風味
 

 パッケージには、おすすめの割り方として「トーキョーハイボールの素:ソーダ=1:3」を記載。
1本で約11杯のハイボール(1杯あたりアルコール分約6~7%の想定)がつくれます。


品目      リキュール
アルコール分  28%
内容量・容器  500ml ・ 紙パック
参考小売価格  578円(税抜き)
発売日     2020年3月31日(火)
発売地域    全国


「トーキョーハイボール 梅風味」がリニューアル
 「トーキョーハイボール 梅風味」の中味とパッケージをリニューアルし、3月下旬より順次、全国で発売します。

トーキョーハイボール梅風味2
 
 今回のリニューアルでは、梅果汁を0.1%から0.5%に増量し、さらに梅の香りもアップ。梅の芳醇な風味を感じられる味わいになりました。アルコール分は9%から7%へ変更し、飲みやすさをアピールしました。
 パッケージには、正面に大きいアイコンにて“梅感アップ”とわかりやすく記載。


品目      スピリッツ(発泡性)①
アルコール分  7%
内容量・容器  350ml ・ 缶
参考小売価格  143円(税抜き)
発売日     2020年3月下旬より順次
発売地域    全国


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村