アサヒビールはビール類新ジャンルの新商品「アサヒ ザ・リッチ」3月17日(火)から全国発売しました。“新ジャンルなのにビールみたいなコク感”が人気の新ジャンル市場で、その上を目指した挑戦的な新商品になります。

 

アサヒザリッチ

 「ザ・リッチ」は“プレミアムビールのような上質さ、贅沢感”を目指して開発されました。同社新ジャンルで最大級の原麦汁エキス濃度にすることでコク深い味わいを実現しています。チェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部使用し、爽やかな香りで食事に合わせやすいバランスの取れた味わいに仕上げています。また仕込み工程では同社で初めて「微煮沸製法」を採用。通常なら殺菌のために蒸気を1時間以上注入して約100℃の温度で煮沸するところを、煮沸開始と終了の数分だけ蒸気を注入することで麦芽由来の香りの豊かさを維持しています。

 パッケージは濃紺をベースに、古来より世界の王家などの紋章として使用されるユニコーンと獅子のイラストを缶体上部にあしらい、高級感のあるデザインになっています。特殊インクで光沢を抑え、落ち着いた印象と上質な手触りを感じられる加工が施されています。パッケージ全体で、“プレミアムビールのような上質さ、贅沢感”というブランドの世界観を表現しています。

Alc.6% 、350ml缶、500ml缶、各オープン価格。

 

アンドレアスのつぶやき
 「クリアアサヒ プライムリッチ」で“ビールっぽいコク感の新ジャンル”という新境地を切り開いたものの、キリンの「本麒麟」ほど尖りきれずに主役を奪われてしまったアサヒビールの野心作、と言ったら言い過ぎかな。「本麒麟」の牙城にサントリー「金麦〈ゴールド・ラガー〉」、サッポロは新商品「GOLD STAR」という各社の布陣のなかで、4社目の同路線ではなく、その上のプレミアムビール市場を狙ってくるというところに新しさがあります。これに踏み切れたのは、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」、サッポロ「ヱビス」に対してプレミアムビールをいまいち育て切れていないアサヒだからこそ思いきれたのかも、とか思います。これヒットしたらキリンも本麒麟の上の「超麒麟」とかひょいっと出してきそう。その線は守りたいサントリーとサッポロにとっては悩みどころになるでしょうね。評判はどうか、これから1~2週間の動きが気になります。あ、ちなみに「プライムリッチ」はフェードアウトするみたいなので、好きな人は今のうちに飲みだめておきましょうね。

 
つぶやき2 
 ビールっぽい新ジャンルとかいろいろ工夫をするのも、2026年までの3段階のビール類酒税改正に向けた対応だからです。2020,2023,2026とビール減税、新ジャンルは増税でいずれビールと同じ税率になるというアレです。その酒税改正の第一弾が今年10月の税制改正(ビールが減税になって新ジャンルが増税になるってやつ)なんだけど、やるかどうか怪しくなってきたんじゃないでしょうか

国税庁の酒税法改正のあらましには

「なお、今回の酒税の税率の改正では、消費者や酒類製造者への影響に配慮して、段階的に税率が変更されることになっていますが、それぞれの税率の変更の都度、酒税の負担の変動が家計に与える影響等を勘案して検討を加え、必要があるときはその結果に基づいて所要の措置を講ずることとされています」

っていう説明がついてるんだけど、世界中がそんな優しいもんじゃないくらい家計にダメージ食らってますよね。「こんな時に”庶民の味方”の新ジャンルを増税⁉」とかGW明けくらいから言い始めるんじゃないでしょうか。そんな気がします。


先生うさぎ


※「アサヒ・ザ・リッチ」の試飲レビューは、こちらです


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村