※10月5日、「イムゲー」試飲レビューを更新しました!



イムゲー4

「イムゲー」。
初めて聞くお酒です。
なんでも、はるか琉球王朝の時代に、庶民により芋や黒糖で造られていた自家製のお酒なんだそうです。
漢字で書くと「芋下」で、自家製の芋の蒸留酒。かつては「甘藷」「黒糖」など 身近にある材料を工夫して各集落の女性たちが味噌麹をつくる要領で酒麹をつくり自家醸造していたそうです。
「イムゲー」は、
芋の蒸留酒ですが、芋焼酎かといえば、そうではありません。芋焼酎は、麹に水と酵母を加えて発酵させる一次仕込み、さらに甘藷を加えて発酵させる二次仕込みでつくられますが「イムゲー」は、二次仕込みの後さらに粉黒糖を加えて発酵させる「三次仕込み」を行います。
そしてその味は、初めて口にした誰もが「え?当時の庶民はこんなに美味しい酒を飲んでいたのか!」というほど驚愕の味わい。
なんだそうです。

 酒税法などにより明治後期に姿を消しましたが、IMUGE.Projectメンバーである沖縄の泡盛製造所3社、石垣島の請福酒造、宮古島の多良川、久米島の久米仙が地元経済全体の活性化を目的に「イムゲー」復活を目指し、2016年より商品開発を進めました。

 2018年、各蔵の垣根を越えた技術交流と品質向上に向けた研究開発が実を結び、ついに現代風にアレンジされた新生「イムゲー」が誕生。2019年には、3社同時販売スタートを目指し新商品のお披露目イベントが開催されました。そして、「イムゲー」復活から3年目の2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、3密を避けながらも多くの方に楽しんでもらえるよう「沖縄ファミリーマート×IMUGE.限定販売企画」「IMUGE.試飲イベント」を開催します。

 今回沖縄の泡盛製造所3社が製造する「イムゲー」を飲み比べできる「ミニボトル3本セット」を、10月6日(火)より沖縄県内のファミリーマート(一部店舗を除く)で数量限定販売します。


イムゲー


 口に含んだ瞬間、甘藷に由来する柑橘の爽やかな香りと果実・花のような華やかな風味が。次に、鼻孔に泡盛の特徴的なバニラやカラメルのような甘くて重厚な風味が来る。飲み口は軽くキレがある。
そんな独特で魅力ある「イムゲー」を、泡盛に並ぶ「第二の地酒」に育てていきたいそうです。


「イムゲー」を誰よりも先に味わえる2つのプロモーション企画実施!
石垣・宮古・久米島で作った「イムゲー」を飲み比べ。

  沖縄ファミリーマートとコラボレーションし、請福酒造(石垣島)、多良川(宮古島)、久米島の久米仙(久米島)の3社が製造する「イムゲー」を飲み比べできるミニボトル3本セットを沖縄県内のファミリーマート(一部店舗を除く)で数量限定販売するキャンペーンを10月6日(火)より開催します。

 3社の「イムゲー」は、醸造方法はほぼ同じですが、それぞれの酒造所の地元でとれた甘藷を使っており、香りや味も違いがあります。100ml(100ml×3本)という飲み切りサイズなので風味を損なわずそれぞれ最後まで楽しめます。数量限定1,500セットでの販売です。

キャンペーンメモ
実施期間  2020年10月6日(火)~数量に達し次第終了
販売店舗  沖縄県内のファミリーマート(一部店舗を除く)
販売価格  1,000円(税抜)
       ※期間限定の為、売り切れの際はご容赦ください。
       ※販売数には限りがあります。なくなり次第終了となりますのでご容赦ください。


お一人様1杯限り!「IMUGE.試飲イベント」開催
 沖縄のグルメ情報誌「ちゅらグルメ」とタイアップし、同企画参画店舗にて「イムゲー」を一人につき1杯無料で試飲できるサンプリングイベントを10月1日(木)より開催中です。
 各店舗とも、なくなり次第終了となります。

イムゲー3



「IMUGE.試飲イベント」
実施期間  2020年10月1日(木)~10月31日(土)
実施店舗  当企画参画店舗 49店舗
       ※実施店舗は、9月15日発行の「ちゅらグルメ」をご確認ください。
       ※提供数には限りがあります。なくなり次第終了となりますのでご容赦ください


「IMUGE.」オフィシャルサイト
  https://www.imuge.info/




IMUGE.Project メンバー 

請福酒造有限会社

株式会社多良川 

株式会社久米島の久米仙




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村