ボージョレ2020
 

 フランス・ボージョレ地区産の新酒ワインであるボージョレ・ヌーヴォーの今年の解禁日、11月19日(木)がいよいよ迫ってきました。今年は巣ごもりで外飲みが振るわないこともあって、輸入量は100万ケースあったピーク時の1/3以下と規模縮小が止まらないようですが、そうはいっても日本人が一番ワインを飲む日、というのは変わらないのではないでしょうか。
 
 ブームも去りわざわざボージョレ解禁日にレストランで、という機会は減っているかもしれませんが、お家で楽しむワインとしてもちょうどいいおいしさ、ちょうどいいお値段、ちょうどいいきっかけとなると思うんです。コロナで外に出るのが躊躇される今年は家で、ちょっといつもと違う料理(餃子に羽根をつけてみるとか、鳥唐揚げをザンギ風にしてみるとかほんのちょっとの違いでも)とボージョレ・ヌーヴォーを楽しんでみるというのもいいかもしれません。



ボージョレ・ヌーヴォーってどんなワイン?

 ボージョレ・ヌーヴォーとは、フランスのボージョレ地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワインです。ボージョレ地区のニュー(フランス語でヌーヴォー)ワインということです。本来なら9月~10月に収穫したぶどうを圧搾、発酵、熟成、瓶・樽詰めして翌年から出荷されるものが、ヌーヴォーでは9月に収穫して10日くらいで発酵を終えて熟成、10月には瓶詰めまで終えて出荷します。収穫のお祝いのために早く飲めるつくりをしてみたら思いのほかおいしかったことから、このワインの生産が始まったと言われています。

ボージョレってどのへん?

 ボージョレ地区はフランス・ブルゴーニュ南部に隣接する丘陵地で、一般的にガメイ品種が栽培されています。地勢的には美食の街リヨンに近く、ボージョレのコンテストもリヨンで行われますが、ワイン的にはブルゴーニュの一部。有力生産者の中にはブルゴーニュの生産者も多く、組合の会合などは専ら、ブルゴーニュのワインの中心地ボーヌで行われているとも聞きます。このため、ロマネ・コンティを筆頭とするようなブルゴーニュワインに近い気候と土壌、技術による、手ごろな価格のワインが楽しめます。ブルゴーニュと付くと今や確実に3000円を超えてきますが、ボージョレであれば2000円前後からいい感じのワインがたくさん揃います。

なぜ解禁日があるの?

 もともとはフランスの守護聖人を祭った「聖マルタンの祝日」の11月11日でしたが、早売り競争となってしまったことから法律を制定、11月第3木曜日が解禁日となりました。その後、「先進国で最も早く解禁日を楽しめる」などの触れ込みで、バブルに沸く日本で人気が爆発。それまでは国外出荷の解禁日でもあったものが保税倉庫まではOKとなりました。はじめは銀座の街角で無料試飲を呼びかけても見向きもされなかったのが80年代後半にはわざわざ成田のホテルまで行って世界一速い解禁を祝ったり、成田から店まで誰が一番早く届けるかのレースを行ったりもしました。90年には天皇陛下の即位の礼による空港の混乱を避けるため解禁日を遅らせるとともに保税倉庫から各店の店内倉庫まで配送していいことになり、今に至っています。ゆえに店頭で解禁日前に飲ませたり売ってしまったりすることは、信頼してくれたフランスへの重大な約束違反となり、絶対にしてはいけないことなのです。

今年の出来は?

 ボージョレ委員会によると、今年は春が暖かくて芽吹きが早く、また夏は猛暑でさらに乾いた夏となったことで果実の成分が実に凝縮されたということなので、ちょっとゴージャスで濃厚な感じのメリハリの効いた味が想像できそうです。9月も温暖で収穫時期がこれまでになく早まったことで、醸造・熟成に余裕ができて、しっかりと果実の特長を引き出すことのできたワインになっているようです。

飲むべきワインは?

 ボージョレ・ヌーヴォーと言えば空輸が2000円前後、船便が800円前後というのが相場だったと思います。それが急にスーパーやDSで1000円、800円、500円と年を追うごとに過激さを増す値引き競争となり、最安値は今年も500円くらいになるのでしょうか。実際、現地でも1~15ユーロくらいと値幅が大きいので、やろうと思えばできるわけです。でも、そんな安ワインをわざわざ買っても楽しいでしょうか? まずいワインを何本飲んでもまずいわけで、せっかくならちゃんとしたのを1本買ったほうが満足度は格段に高いと思います。
 店頭での見方ですが、「ボージョレ・ヌーヴォー」と書いてあるものは一番一般的なものでそれこそピンキリです。産地特性とか生産者の技術というより、価格=味と思って間違いないので、それこそ1000円以上のものを選んでおけばまずはいいだろうという感じです。
 もう少し良いものは「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」と書いてあります。ヴィラージュとはヴィレッジ=村のことで”おらが村が保証する旨いぶどうのワイン”とでも思えばいいでしょうか。落花生で言えばボージョレが「千葉県全域」、ヴィラージュは「市原」とか「成田」とか、そういう感じです。値段も数百円上がりますが味もより濃さを感じられるはずです。
 そのうえが「クリュ・ボージョレ」。ボージョレというエリアの中でも特に旨いものができると保証された地域で造られたもので、さきの落花生で言えば「八街」とかがクリュになるでしょうか。「サン・タムール」「ジュリエナ」「シエナ」「ムーラン・ナ・ヴァン」「フルーリー」「シルーブル」「モルゴン」「レニエ」「ブルイィ」「コトー・ド・ブルイィ」の10村あります。それぞれ特徴はありますが、覚えるのは美味しいワインに出会ってから、もしくはソムリエ試験を受ける気になってからで十分です。ボージョレの売り場で、2500円以上くらいで、違う名前がついているものであればたぶん間違いないと思います。
参考までに、主な輸入業者のラインナップは以下の通りです。


サントリーワインインターナショナル

 今年は、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020」に加え、デュブッフ社として初のオレンジワインである「ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2020」や、ジョルジュ デュブッフ氏の生前の偉大な功績を称え発売する「同 ボジョレー ヌーヴォー 2020 ラ・ロズレー」、また近年人気のオーガニックワインの新たな提案として「同 ボジョレー ヌーヴォー 2020 オーガニック」など計10種を発売し、2020年のボジョレー ヌーヴォー解禁を盛り上げます。

ボージョレ2020・2


コルドンヴェール

【予約】カーヴ・デュ・シャトー・デ・ロージュ ボージョレ・ ヴィラージュ・ヌーヴォー ノンフィルター / シャトー・デ・ロージュ(Cave du Chateau des Loges Beaujolais Villages Nouveau Non Filtre 2020) 11月19日(木)解禁!!ノンフィルターならではの深みのある味わい。ベリーとスパイスの複雑なアロマと上品でシルキーな口当たり。

ボージョレ2020・6


アサヒビール

 2020年産のフランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」を11月19日(木)より全国で新発売します。創業130年を超える歴史を持ち、ボージョレのスペシャリストとして知られるアンリ・フェッシ社の「ボージョレ・ヌーヴォ」全10アイテムを発売します。

ボージョレ2020・3


徳岡

ページトップはサイトリニューアル中(11月15日現在)でした。ここは今年、シベリア鉄道経由でボージョレ・ヌーヴォーを解禁日に発売するそうで、価格とか品質とかいろいろ興味深いです。個人的には、水野晴郎の「シベリア超特急」とか見ながら飲んでみたいと思ってます。


サッポロビール
 本年は、ラブレ・ロワ社のボージョレ・ヌーボー14アイテムをラインナップしました。特に注目のアイテムは、当社が発売するヌーボー初の「ヴィーガン対応商品」(注1)4品種5アイテムです。近年、健康や環境問題への意識の高まりから、世界的にヴィーガンの需要が増え、日本においても広がりをみせていることを背景に、昨年好評の一部の商品をヴィーガン対応に変更しました。

ボージョレ2020・4


メルシャン

今年もアルベール・ビショー社の「ボージョレ・ヌーヴォー2020」を中心に、ロゼや酸化防止剤無添加のヌーヴォーなど、多様化するニーズにお応えするラインアップを取りそろえました。


国分グループ本社

フランス、ブルゴーニュ地方のボーヌ市に本拠地を置くピエール・ポネル社は1875年に設立され、高品質なブルゴーニュワインを世に送り出す生産者として、その名を広く知られています。また、ピス・ドリュー 1955年の誕生から、ボジョレー・ヌーヴォーの季節に食卓を彩るワインとして世界中で親しまれる「フランスNo.1ボジョレー・ヌーヴォーブランド」です。

ボージョレ2020・5



にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村