好みの焼酎で決めるか、柿の種の種類で選ぶか。
九州地区先行発売のようですが見つけたら即、ゲットかな。


 霧島酒造と、亀田製菓株式会社グループのアジカルは、4月5日(月)より、都城市の「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」にて、共同開発した「霧島に合う 亀田の柿の種」を販売します。
今後、九州地区主要観光地や交通系売店のお土産売り場などでも随時販売します。



霧島×亀田


「黒霧島に合う 48g亀田の柿の種 味噌モツ鍋風味」
モツの旨味、味噌のコクをベースに、にんにくや辛味を加えることで、味にボリューム感を加えました。黒霧島の後切れの良さと、濃い味わいがよく合います。

「白霧島に合う 48g亀田の柿の種 鶏からあげ風味」
鶏肉の旨味とコクをベースに、醤油とにんにく、レモンの風味を加え、表面にパン粉をつけることで食感に変化を持たせました。白霧島が旨味をさらに引き立てます。

「赤霧島に合う 48g亀田の柿の種 チキン南蛮風味」
鶏肉の旨味とコクをベースに、甘酢あんの酸味、タルタルソースのまろやかさを加え、パセリを表面にまぶすことで見た目に変化を加えました。赤霧島の後を引く甘みと、甘酢あんの酸味がお互いの味を引き立てます。


商品メモ
品目      米菓
容器      スタンドパック
内容量     各12g×4袋入り 48g
希望小売価格  350円(税抜)
販売開始日   2021年4月5日(月)
販売エリア   全国(九州地区先行)
販売先     焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン、主要観光地売店、交通系売店など


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村