今年5月、ローソン限定で発売された「台湾ハニーラガー」。
さけにゅーでも【飲んでみた】で取り上げさせていただきました。
その第2弾がはやくも登場!
今度のビールは“紅茶”です。


 台湾ビール日本総代理 東永商事(神奈川県横浜市)は、台湾No.1ビールメーカーが製造を手がけ、紅茶の豊かな香りとほんのりした甘みが楽しめる台湾のフレーバービール「紅茶ラガー」を、7月27日(火)より全国のローソン・ナチュラルローソンで発売します。


紅茶ラガー


「紅茶ラガー」は世界四大銘茶の一つ“アッサム紅茶”を使用。
ほんの少しの渋みが引き立ち、喉越しが良く食事を邪魔しない甘さと軽さが特長です。
アルコール3%なので紅茶の豊かな香りと、ほんのりとした甘みをほろ酔いで楽しめます。

おすすめは華やかなフレーバーをより引き出すために、大きめで口径がすぼまったワイングラスで飲むと香りをより一層楽しめます。
暑い季節、缶を冷蔵庫でキンキンに冷やしておうち飲みなどで台湾リゾート気分を味わってみてください。

紅茶ラガー2

商品メモ
名称      発泡酒
アルコール分  3%
原材料     麦芽、蓬莱米、ホップ、紅茶パウダー、紅茶エキス
原産国名    台湾
容器・容量   缶330ml
標準価格    298円(税込)
発売日     2021年7月27日(火)
発売地区    全国のローソン(ナチュラルローソン含む)
         ※店舗によって取り扱いのない場合があります。
 

 食トレンドの宝庫・台湾で約70%という最大のシェアを誇り、100年以上の歴史を持つ老舗No.1メーカービールメーカー「Taiwan Tobacco & Liquor Corporation」が製造する“台湾ビール”は、ベースはラガータイプで、副原料に米を使用した飲みやすく苦味の少ないことが特徴で、台湾の食材や果物を活かしたビールを多種手がけています。


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村