養命酒製造から2019年3月に発売したクラフトジン「香の雫」は、同社が長年研究を続けてきた和製ハーブで、爽やかな森林の香りが特長の「クロモジ」をキーボタニカルにしたクラフトジンです。
 レモンピールなど11種類のボタニカルを組み合わせ、新緑の森のような爽やかな香りと、ほのかな甘みが余韻として残る心地よさが特長です。

その個性あふれる味わいは国内外からを評価を得ており、今回、より親しんでもらえるよう8月1日(日)から700mlサイズを発売することとなりました。
 
あれ?
もともと「香の雫」は300mlサイズ・アルコール度数37%で発売していましたが容量もアルコール度数も変わっていますね。
海外市場を意識して700ml、度数40度に調整したんじゃないかな。

発売地域はまずはフランス、香港などの海外市場同社直営店、同社オンラインショップから販売を開始します。

香の雫大容量

既存商品「香の雫」300mlと同じく、中央アルプスの麓の森に囲まれた駒ヶ根工場で蒸留しています。仕込み水には中央アルプスに磨かれた伏流水を使用。キーボタニカルのクロモジをはじめ、繊細で爽やかなアロマが重なり合い、新緑の森のような香りを楽しめるドライタイプのクラフトジンです。
 
パッケージはシンプルかつモノトーンに仕上げ、中身のすっきりとしたシャープな味わいを表現。ラベル表面には商品名を大きくあしらい、店頭での視認性を高めたほか、クロモジをモチーフとしたアイコンを銀箔でワンポイントに。裏面にはキーボタニカルのクロモジのイラストを忍ばせました。


商品Webサイト
 https://www.yomeishu.co.jp/herb_liqueur/kanosizuku/


商品メモ
品目      スピリッツ
アルコール分  40%
内容量・容器  700ml・瓶
希望小売価格  2,200円(税込)
発売日     2021年8月1日(日)
発売地域    海外、自社直営店、自社オンラインショップ


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村