昭和レトロがブームなんですってね。西武ゆうえんちのアトラクションとかレコード、カセットテープとか純喫茶とか。あったかくてゆるくてのんきで、心あたたまるようなイメージがあるらしいです。リアルタイムを生きた人々にはそんな意識は無いでしょうが、「喜劇駅前シリーズ」とか「クレージーキャッツ」の映画とか見ると確かに仕事も楽しそうですもんね。そんな昭和イメージを持った、“家でゆったりまったり楽しむ”ビールが登場します。

 アサヒビール9月14日(火)からビールの新商品「アサヒ生ビール」を発売します。3年半ぶりとなるビールの大型新商品で、「スーパードライ」に次ぐ規模を狙っていくようです。
アサヒ生ビール
 「スーパードライ」発売前年の1986年(昭和61年)に発売した、元祖”コクがあるのにキレがある”まろやかなうまみでゆっくり味わえる生ビールです。”夕日ビール”といわれ低迷を続けていたアサヒを復活に導いたと言われますが、「スーパードライ」の爆発的ヒットによって生産ラインを確保しなければならなくなり、やむなく一般向けの缶は93年に終売しています。

アサヒ生ビール2
【1986年発売当時の新聞広告】

 ただ、一部の飲食店の熱い要望により一部店舗に限って樽販売が継続され、社内開発記号”マルエフ”の愛称でファンに愛され続けていました。スーパードライが全国取扱い26万店に対してマルエフ扱い店は全国4000店程度と言いますから極少数です。ただこのメンツが名店揃い。新橋の「ビアライゼ’98」広島の「重富スタンド」では実際に飲んだ経験がありますが、なんというかこう、説明しづらい、普通に苦みや甘みがあってつるつると飲んでしまう普通のおいしいビールでした。復活ついでに氷冷式ビアサーバーももう一度広めてみたらどうだろう。
 
 今回、中味はそのままでパッケージを大幅に変更しています。”マルエフ”の由来である”Fortune Phoenix”をアイコンとして中央に大きく描き、「通称 マルエフ」「復活の生」と表記しています。
 
商品メモ
品目      ビール
発売品種    缶350ml、缶500ml
アルコール分  4.5%
純アルコール量 缶350ml:12.6g、缶500ml:18g
発売日     2021年9月14日(火)
発売地区    全国
製造工場    福島工場、神奈川工場、吹田工場、四国工場
価格      オープン価格※
        
※スーパードライと同価格というので、350ml缶が219円前後、500ml缶286円前後のようです。


 また11月24日(水)には「アサヒ生ビール黒生」を発売します。こちらは1982年に日本初の黒生ビールとして発売した「アサヒ黒生ビール」がルーツ。1995年にリニューアルして黒麦芽、クリスタル麦芽、ミュンヘン麦芽をブレンドして使うことで麦芽の芳ばしい香りと苦味が少なくやや甘味を感じるまろやかなうまみを実現しました。2012年の「スーパードライ ドライブラック」発売により、2015年に終売しましたが、今回復活を果たしました。
アサヒ生ビール黒生
商品メモ
品目      ビール
発売品種缶   350ml、缶500ml
アルコール分  5%
純アルコール量 缶350ml:14g、缶500ml:20g
発売日     2021年11月24日
発売地区    全国
製造工場    神奈川工場、名古屋工場、四国工場
価格      オープン価格


 「スーパードライ」がこれまでどおり「活力ある社会」に向けたテイストである一方、マルエフは「にほんに、ぬくもりを。」を目指したテイストで、ぬくもりや、やさしさの象徴として昭和っぽさをイメージしていくようです。(同社のニュースリリースはとっくに西暦表記ですが、アサヒ生ビール発売年のところだけ「1986年(昭和61年)」と書いてあったりするところにも表れています)。

 TVCMには、今回がアルコールCM初登場の新垣結衣さんを起用。すでに9日から「復活の生」篇を放映していて、14日からは「おつかれ生です」篇を放映します。カメラ目線で「日本のみなさん、おつかれ生です」と語りかけ、ビールを飲んだ後のホッと落ち着いた表情を見せてくれます。楽曲は竹内まりやさんの「元気を出して」。ベタともいえる昭和感に癒されるCMになってるようですのでいろいろ楽しみですね。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村