京王電鉄は、株式会社Agnavi(神奈川県茅ヶ崎市)と連携し、京王線の車両をモチーフにした「京王×日本酒ICHI-GO-CAN」京王ストア全27店舗8月10日(水)から発売します。

 同商品は、有料座席指定列車「京王ライナー」としても運行している5000系車両や、京王井の頭線を走行する1000系車両をモチーフとしたラベルデザインの一合缶日本酒です。
main

 中味は、京王電鉄とも所縁のある
八王子の農家に生産委託した酒造好適米「ひとごこち」と八王子高月清流米「キヌヒカリ」を使用した限定清酒です。
芳醇な香りとふくよかな旨味が特徴の「純米吟醸」で飲み方は冷・常温がおススメ。
製造は、長野県の舞姫酒造。

京王電鉄の車両と京王沿線の地域をより身近に感じられるよう、親しみのあるデザインの一合缶での発売です。

 Agnaviが展開するICHI-GO-CANは、「手軽に日本酒の素晴らしさを伝えたい」という思いから開発した、一合180mlサイズの缶入り日本酒です。一般的に流通している日本酒瓶が抱えていた課題「重い・量が多い」を解決し、「小容量・オシャレ・持ち運び便利」を実現しています。

商品メモ
商品名
「一合缶コラボ 京王電鉄 1000系」
「一合缶コラボ 京王電鉄 新5000系」
「一合缶コラボ 京王電鉄 8000系」
「一合缶コラボ 京王電鉄 9000系」

内容量    180ml
アルコール分 16%
発売日    2022年8月10日(水)
※限定生産にて無くなり次第終了
小売価格   500円(税別)

発売場所
・京王ストア(エクスプレス含む)、キッチンコート全27店舗
Agnavi ECサイト(8月10日(水)オープン)
  https://ichi-go-can.jp/products/keio

実店舗(首都圏のお客様向け)
京王ストア(全14店舗)
キッチンコート(全11店舗)
京王エクスプレス(全2店舗)

sub1
生産蔵元
舞姫酒造株式会社(長野県諏訪市)

企画・協力・ラベルデザイン
株式会社Agnavi

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村