ビールの新しい注目ポイントは注ぎ手!注ぎテクで印象ががらりと変わる、ビール注ぎ名人の技が体験できるイベントが7月に行われるので参加してみてはいかがでしょう!

main
 
 一つは「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR」。7月5日(水)に開店4周年を迎えたのを記念して 「ビール注ぎ名人・重富 寛さんの特別イベント」を7月7日、8日の2日間に行っています。
7日はもう終わっちゃいましたが、本日7月8日(土)も14:00~20:00(L.O. 19:30)まで、重富 寛さんが注ぐビールを楽しめます。

sub3

【提供メニュー】
サッポロ生ビール黒ラベル 550円/杯(税込)
・パーフェクト黒ラベル
 既定の3C(注1)を実現し、パーフェクト黒ラベルカランで注がれる「完璧な生」を目指す黒ラベル。

・ファースト
日本のビールの原点ともいうべき、のどを駆け抜ける爽快感を味わうために、スウィングカランを復活させ、一度注ぎを実現した黒ラベル。

・ハイブリッド
 柔らかいのどごしを味わうために、パーフェクト黒ラベルカランから液体を注ぎ、スウィングカランから泡付けを行った黒ラベル。

※内容が一部変更になる可能性があります。
※新型コロナウィルス感染拡大の状況によっては、期間中に内容が変更になることがあります。

sub1

また、「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR」4周年を記念して作ったオリジナルコースターを、期間中にご来店いただき、黒ラベルを1杯ご注文された方に1枚プレゼントします。
※1,000枚限定につき、なくなり次第終了となります。

店舗URL

アクセス
東京都中央区銀座5丁目8-1 GINZA PLACE地下1階

*************************************

main

 もう一つはJR東京駅構内地下一階の改札外施設、グランスタ東京内に店を構えるノスタルジックバー&カフェ「Depot」で7月5日(水)から毎週水曜に行われている「HAYASHI Beer Day HALF&HALF SPECIAL」
HAYASHIは日本で最も多くのビアマイスター資格を持つ林 慧さんのこと。
レトロサーバーであるスイングカランを使用し、エビスプレミアムブラックとサッポロ黒ラベルのハーフ&ハーフビールを8種類の注ぎ方で提供します。

sub6

ハーフ&ハーフビールとは、一般的に淡色ビールと黒ビールを1:1で割った飲み方のこと。本イベントでは、ただ単に半々にビールを割るのではなく、レトロサーバーを用いて、淡色ビールと黒ビールの注ぐ順序や割合、注ぎ方を変えた、ほかでは類を見ない8種類のラインナップを提供。さらに提供メニュー8種のうちの4種、スペース、ミルコハーフ、サードワン、黒ペチーノなど、林氏が開発した本イベントだけのオリジナルビールも楽しめます。

【提供メニュー】
sub4
「オーロラ」(850円)
泡だけを黒ビールで注ぐハーフ&ハーフビール。サッポロ黒ラベルの味わいそのままに、エビスプレミアムブラックの香ばしさをプラスした喉越しの良い1杯。黒泡が液体に戻る際、まるでオーロラのように混ざっていく鮮やかな見た目も楽しめるビールです。

sub3

「サンライズ」( 850円)
泡と液体の境目をグラス越しに照明を覗くと、まるで日の出が出ているように見えるハーフ&ハーフビール。エビスプレミアムブラックをベースに、レトロサーバーで注ぐサッポロ黒ラベルのきめ細かい泡をたっぷり注いだ1杯。軽やかでミルキーな泡を飲み進めると、少しずつ香ばしい黒ビールの味わいへと変化が楽しめるビールです。

sub2

「ミルコハーフ」( 750円)
レトロサーバーのきめ細かい泡だけを注ぐ”ミルコ”のハーフ&ハーフビール。軽やかでミルキーな泡は、まるで優しいコーヒー牛乳を飲んでいるかのような味わい。現代のサーバーでは注ぐことのできないミルコハーフは、ここでしか体験できない特別なビールです。

開催期間は7月26日まで。毎週水曜日 17:00〜22:30。
※事前の予約などは不要

店舗所在地は東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 JR東日本 東京駅構内 地下1階 グランスタ東京改札外
ノスタルジックバー&カフェ「Depot」。
至高のナポリタンや自社焙煎珈琲を使用したほろ苦プリンも絶品です。

店舗URL https://classic-inc.jp/depot/
Tel    03-6551-2411
営業時間 7:00〜23:00


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村